20倍にも上る

120.png17キロ減のスキミミルクヨ-グルト日本では最高のダイエット食品 スキミミルクには体脂肪の燃焼・体脂肪の合成を抑制する効果があると証明されたカルシウムが豊富。善玉菌を殖やして便通をよくする効果や満腹感を高める.。効果がる乳糖も豊富。132.png「夜食は太る」原因たんぱく質解明   深夜に増え脂肪蓄積 (日本大薬学部 榛葉(しんば)繁紀講師)ダイエットに3時のおやつはOK、でも夜食は厳禁小林製薬ブルーベリー&メグスリノ木EX?――? 体内時計を調整している細胞内の「BMAL1」と呼ばれるたんぱく質が、脂肪を蓄積する指図もしているらしいことが、日本大薬学部の133.png榛葉(しんば)繁紀講師(衛生化学)らの研究で分かった。148.pngBMAL1は午後3時に最も少なくなり、深夜に増加する。午後3時ごろは微量で、午後10時~午前2時に最も多くなる。その差は約20倍にも上る一無・(禁煙)二少・(少食・少飲)三多・(多動・多休・多接)多くの149.png人・事・物に接すること。これが肥満解消の生活スタイル。156.png食事量を減らすだけでは省エネ型の体を作るだけ。1キロ体重を落とすのに7000カロリ-の消費が必要。脳への栄養補給を第一に考えて、血糖値をさげないように体が働く。163.png筋肉をつけて基礎代謝をあげることを忘れずに。体を省エネ型にしないで基礎代謝をあげる。エネルギ-消費が一番高いのが筋肉・110.png基礎代謝は筋肉量によって左右される。生活習慣そのものを変えなければ痩せられない。病気になりたくないと思うのなら生活習慣を改善するしか近道はないのです。キヤベツで38キロ・15キロ続々痩せた・糖尿病・ひざ痛も治ると162.png府立大学で実績京都府立医科大学教授 吉田俊秀先生朝・昼・晩のせんぎりのキャベツをよく噛んで食べることによって減量に成功。これは食事制限で生じる、179.png空腹感を解消する。女性は1000キロカロリ-181.png。男性は1300キロカロリ-におさえる。キャベツは安い上に食べたあとの満腹感・植物繊維による便秘改善作用がほかのどの食品よりも優れています。キャベツにはビタミンC・E・Uが豊富。太っている人は脂肪細胞の数も増えているが、細胞そのものも大きくなっている。大きくなった181.png脂肪細胞は・高血圧・糖尿病・動脈硬化を誘発するホルモンを盛んに分泌する。155.pngしかし体重が5%へればそのホルモンも減少。171.png食前にサラダボ-ルいっぱい分のキャベツのせんぎりを157.png10分かけて・また一口につき。30回は噛む。その他に蛋白質・70グラム。⇒牛乳200グラム・卵1個・魚80グラム・肉80グラム・豆腐半丁主食を400キロカロリ-⇒ごはんならお茶椀2杯果物(握りこぶし大)を2個⇒ミカンなら4個・リンゴなら2個大腰筋を刺激し脂肪を燃やす踏み台昇降はダイエット効果大!1分間に20~30回 162.png 基礎代謝をあげる作用がある。大腰筋・大臀筋・ふくらはぎなどを鍛える。これらの筋肉は加齢によって減少しやすいもので若さを保つのに重要な筋肉。171.png大腰筋=筋肉の補正下着。猫背になる。自立神経のバランスを調整する。最初は筋肉痛になるので回数を減らす。踏み台は筋肉がついてきた段階で徐々に高くする。167.png15センチで1時間(テレビを見ながらでも)脈拍は1分間で110.最後にマッサ-ジをするのも良い。歩きにくい靴が売れています。 162.png健康に向け不安定な一歩から・・ 174.png市立小樽病院整形外科 金子一成診療部長履きごごちが不安定なために体のバランスをとって正しい歩き方になる。ダイエットや姿勢の矯正効果をうたう”歩きにくい”靴が静かなブ-ムになっている。160.png靴底が弓のように湾曲されているために不安定で金子さんは「履き始めはふくらはぎと太ももの後ろの筋肉に張りが出たが、1ヶ月ほどで弱い部分が鍛えられた」と話している。172.png金子医師は「ダイエットを求めるなら、下半身だけでなく全身運動にするために普通の靴をはいてストックを手に持つストックウォ-キングの方が効果的です」と話している。151.pngレコーディング・ダイエット。   無理な食事制限も運動もなし。食べたものを記録する。この世は「見た目主義社会」だから痩せたらかわる。島村 善行【著】 175.png医師がすすめる「野菜スープ」ダイエットしょうが。かたくりを加える。穀物菜食。煮るときはフタをしない。4種類のスープを飲むほうが効果は出る。キヤベツ・タマネギ・カボチャ・ニンジン10それぞれ50グラムを4倍の水で20分にてこす。つんく♂のおにぎりダイエット。1日、2合~2合半のご飯をおにぎりにして食べる。 おにぎりの具は塩昆布、梅干。その他の炭水化物は禁止。味噌汁は飲んでも良い。キャベツの千切りやトマトなど野菜はとる。(アマニ油をドレッシング)甘いもの、油は×二週間目は昼食と夕食に、鶏肉料理をプラス。ある程度落ちにくくなった体重はおにぎりと野菜だけに戻す。
[PR]
by aszzfr11yyg6 | 2017-05-29 01:26